オンライン関係人口未来プロジェクト

齋藤 浩文さん

オンラインで関係人口を!

緊急事態宣言が宣言される直前の4月11日を皮切りに、毎週土曜日朝7時〜「オンライン関係人口未来プロジェクト」というオンラインイベントを開催しています(主催は代表が弊社役員を兼務するNPO学生人材バンクと株式会社ワクワクプランニング)。
こちらは、今年の2月8日に開催された関係人口シンポジウム(主催:鳥取県)がキッカケとなって、シンポのゲストだった”日本一おかしな公務員”山田崇さん(塩尻市役所)と鳥取側で関係人口に関し何かできないか、ということからシンポジウム以来、毎週木曜日朝7時からMTGを重ねて企画を進めてきたものです。
特徴はとにかく朝。MTGもイベントも朝7時設定です。

2月8日に開催したシンポジウム

走り出して固まったイベントフレーム

毎週木曜日朝のMTGを繰り返しているうちに、緊急事態宣言が発令されることとなり、オンラインでできることにいち早く取り組もうとはじめた「オンライン関係人口未来プロジェクト」。初回である4月11日は「鳥取県×塩尻市」ということで、まるにわの活動共有を含めてオンラインで参加いただいた全国の方と交流を深めました。
そして2回目の4月18日は、高知県は土佐町より夜逃げ屋から県庁職員、そして昨年土佐町役場に転職された尾崎さんをゲストに迎えて土佐町の地方創生などを伺いながら交流を深めました。その尾崎さんとは、まるにわ代表の齋藤と”PUNKミュージックが好き”という共通点があり、最近では毎週土曜日6:45〜の15分間、地域活動とPUNKを語るオンラインスピンオフ企画「#今週のサイトウ・オザキ」もさせていただいています。
手探りではじめたイベントでしたが、地域×テーマ×関係人口というフレームが3回目以降くらいから固まり回数を重ねていっています。

毎週朝7:00〜8:30現在まで計7回開催
スピンオフの15分コーナー「#今週のサイトウ・オザキ」

数珠つなぎに繋がり今週は8回目

5月以降もゲスト③グロービス地域活性化クラブの皆さん④三重県尾鷲市よりニュースメーカー研究所伊東将志さん⑤SaturdaySevenの皆さん⑥パソナJOBHUB加藤遼さん⑦おてつたび永岡里菜さんと続き今週土曜日が8回目⑧全日空ANAデザインラボの野島祐樹さんをお迎えして開催します。最近は全国からの参加者も朝から50人を超えるコミュニティが出来上がってきています。

⑥のパソナJOBHUBさん(https://jobhub.jp)⑦のおてつたび(https://otetsutabi.com)の回では、ワーケーションなどを中心とした働き方の変革や個人と仕事のマッチングなどについて考察を行ってきましたが、今回(5/30)⑧は移動産業ANAさんと関係人口を考える会です。コロナによって航空業界も大打撃を受けている中、オンラインも含めた「移動の価値」について朝から話をすることになるかと思います。

今週はANAデザインラボさんがゲストに

オフラインとオンライン

この「オンライン関係人口未来プロジェクト」は運営側自体がまだオフラインでお会いしたことの無いメンバーも多く、その視点からもオンライン関係人口の可能性に面白さを感じています。

また、まるにわとしては、まちなか遊休物件の利活用に関し、「暮らす」という視点から、従来からのIターン移住に加え、他拠点居住や、旅するように暮らす価値観をこのプロジェクトから取り入れていきたいと考えて活動しております。

オンライン関係人口未来プロジェクト、Facebookページも作成しております、ご興味あられる方、是非一度ご参加ください(参加は毎回Peatixよりチケット発行しております。第8回(5/30)はコチラより
https://peatix.com/event/1498875?lang=ja)。
https://www.facebook.com/オンライン関係人口未来プロジェクト-114749763552820/

5/30は「関係人口は空を飛ぶ」ANAデザインラボ